やっぱり大事です。

「肩をしっかり動かす」。


この場合の「肩」とは、

胸鎖関節、

肩関節(肩甲上腕関節)、

肩甲骨(肩甲胸郭関節)

です。

肩鎖関節は意識しづらいので、

ここでは考えないことにします。









  ☆赤い部分が「肩甲骨」です。
   

 ピンク矢印(点滅)ピンク矢印(点滅)ピンク矢印(点滅) 【 肩甲骨について 】



これらの関節のことを意識して、

「肩をしっかり動かす」ことが大切です。


いわゆる、

「関節をしっかり動かす」ことです。


体は、

自分で思っているよりも、

もっと大きく動かせます。


もっと可動域を大きくできるものです。


動かしてない(使ってないと)と、

動かせ(使えなくなります)なくなります。


(もちろんのことですが、

 骨盤まわりの筋肉や 股関節も膝も足首についても、

 同じです。 )


特に、

肩を動かす時などには、

しっかりと大きく動かしてみてください。


例えば、

「バンザイすると、肘を伸ばして耳に付けて、

真上に腕を上げられない。」

 ピンク矢印(点滅)ピンク矢印(点滅)ピンク矢印(点滅) 【 肩甲骨について 】

このように、

肩をしっかり動かせないことで、

肩が凝りやすくなり、

首・肩こり、筋緊張性頭痛や慢性腰痛の原因になります。


勿論、

痛みがあるときには、

無理をしてはいけませんよ!


50代を健やかに生きるために、

40代からはじめておくこと。

30代からはじめていれば、

なおさらの効果が明白です。




バンザイ肩回し体操
(クレア式バランス体操)












1) それぞれ、手の平の向きに注意してください。

2) 指と肘を真っ直ぐに伸ばしたまま動かすこと。

3) 真上(天井)に腕を上げた時には、できるだけ腕が耳に付くように上げること。

4) 腰は反らさないように。